Article

花 巻 傘

更新日:2014/04/15

hanamakigasa 花巻傘は藩政時代士族の内職としてはじまったものが、明治維新後は本職とするようになり、段々それが盛んになって、大正8・9年頃には年産25万本ほども生産する花巻物産の一つとなりました。
現在はただ1軒だけが生産にあたっています。 壁に飾るインテリア用に作られた小さなサイズの和傘が現代人に受けています

製造業者
【氏名】 【住所】 【電話】
花巻傘滝田工芸 花巻市高松26−3 0198−31−2128