Article

第20回花巻市景況調査結果(平成27年1月~3月期)

更新日:2015/08/27

業況判断DI
花巻市の業況判断DIは、今期全産業平均でマイナス幅が4.9ポイント拡大(▲24.9→▲29.8)した。
業種別に見ると、製造業(▲5.6 → ▲22.2)、サービス業(▲16.7 → ▲33.3)ともに16.7ポイント悪化、建設業は、(▲15.0→ ▲20.0)2期連続でマイナス幅が拡大した。
卸売業は前期まで6期連続で▲44.4と厳しい状況が続いたが、今期11.1ポイントマイナス幅が縮小(▲44.4→▲33.3)した。
小売業はやや好転(▲42.9→▲40.0)したものの、依然DI値マイナス40であり厳しい状況が続いている。
来期予想は、製造業横ばい、建設業好転、卸売、小売、サービス業は悪化を予想している。
全国の調査結果では全産業平均業況判断DIは前期差1.6ポイントマイナス幅が縮小(▲19.4→▲17.8)しており、持ち直しの動きを示しているとしているものの、一部業種(製造 繊維、家具、金属等)には足踏みがみられるとしている。

調査結果の詳細は、こちらを参照ください。