TOPICS

2018/03/09

今年の豊作を願う~第44回たろし滝測定会~

2月11日、石鳥谷町大瀬川の「たろし滝」において、たろし滝測定会が行われました。2年ぶりとなる今年の氷柱の太さは4.55mを記録し、豊作が期待される年となりました。また、計測後に行われる毎年恒例の会長川柳では「冷え込みに耐えてにっこりワンダフル」と詠まれ、寒さに耐えて2年ぶりにできた氷柱と戌年とをかけました。
石鳥谷町の大瀬川地区では氷柱の太さでその年の作柄を占ってきたとされており、これまでの最大の太さは8mを記録しています。