TOPICS

2018/10/09

消費税軽減税率対策セミナーを開催

消費税軽減税率対策事業の一環として、「軽減税率に向けた事前準備と実務対策」をテーマに、9月28日、ホテルグランシェール花巻でセミナーが開催されました。会員企業から20名が参加し、アイデックス代表で中小企業診断士の井谷義紀氏を講師にお迎えし講義をいただきました。講義内容のポイントは、以下の通りです。

①消費税引き上げと軽減税率導入時期については、平成31年10月1日より開始。

②適格請求書等保存方式(インボイス制度)の導入は、平成35年10月1日より開始される。原則としてこの日より登録を受けるためには平成35年の3月31日までに税務署へ事前に登録申請書を提出しなければならない。この制度により、インボイスを発行できない免税事業者が既存取引から除外されることが予見されることから、今後課税事業者を選択するかの判断を求められる。

③10%引上げに伴い資金繰りへの影響も懸念されることから、事前の資金繰り計画が必要である。

④軽減税率対策補助金の公募が開始されており、軽減税率対策を講じる際には補助金活用が有効である。A型(複数税率対応のレジ導入)B型(複数税率対応の受発注システムの改修等を補助)があり、申請手続や補助金額等が異なる為、着手前に確認が必要。

以上を中心に、改正による経理業務への影響等を解説いただきました。