TOPICS

2016/01/13

地域発展の年を誓った新年交賀会

(年頭スピーチで抱負を語る申年生まれの方々)

当商工会議所主催の平成28年新年交賀会が、1月4日、ホテルグランシェール花巻で開催されました。来賓の国会議員や県
議会議員、上田市長はじめ関係機関、当所役員・議員・参与、会員など530人が参加し、花巻市のさらなる発展と飛躍を誓い合いました。

会場には、新年に向けてのスローガンとして「地方創生による復興促進・景気回復」、「国際リニアコライダー(ILC)の早期決定・実現」、「台湾定期便の実現・いわて花巻空港利用促進」、「花巻ひえカレープロジェクトの推進」、「日本メルヘン街道の実現」などを掲げ新年の主要事業への組み姿勢をアピールしました。

主催者あいさつで宮澤会頭が「スローガンの実現に向けて工夫を重ね、関係各位からの協力をいただきながら推進していきたい。花巻市内の高卒者は地元就職希望が8割と県内で最も高い状況にあり、若い人達が希望を持って住みたいまち花巻になるよう求人を増やしていただきたい」と呼びかけました。

       主催者あいさつをする宮澤会頭

       主催者あいさつをする宮澤会頭

新春祝詞の中で上田東一市長は、市民はじめ経済界のリーダーのさらなる協力をいただき一生懸命市政運営に力を注ぐ」と決意を示しました。年頭スピーチでは、今年のえと申年(さるとし)生まれの39人が登場し、各々の新年に向けた決意、抱負を披露していました。

また、交賀会の運営を担当した青年部の活動PRタイムでは、青年部事業に活用する餅つきの臼と杵が披露され出席者全員に記念の餅が配られました。続いて、「ネクタイを締めた百姓一揆」映画製作実行委員会のスタッフが登壇し、河野ジベ太監督から映画製作の進捗状況の報告や撮影へのさらなる協力の要請がありました。

この後、県南広域振興局の平野直副局長の乾杯の音頭で祝宴に入り、参加者は新年の挨拶を交わしていました。